実績公開がFX自動売買の信頼
各システムの実績が気になったらLINEでお問い合わせください。
検証

FX:BigBoss(ビッグボス)の口座開設・評判・特徴とメリット

海外の外国為替の会社の中でも初心者から上級者まで、日本国内において絶大な人気と参加者の数を誇るBigBoss(ビッグボス)。

なぜこんなにも非常に日本人に人気なのか?

特徴と口座開設の方法をお伝えしたいと思います。

↓今すぐに口座開設するという人は↓の画像をクリックすれば公式ホームページに飛びます。

banner

※PANDAが紹介・提供する自動売買システムを使用したいという方は、口座開設の前にLINE登録し気になるツールをご連絡ください。

 

海外のFX業者って怖いという方も多くいらっしゃると思います。

まずは、海外証券会社と国内口座との違いを把握しておきましょう。

海外FXと国内FXとの違いは?

国内と海外のFXのブローカーには大きな違いがあります。

違いは「レバレッジ倍率」と「ゼロカットの有無」そして「安全性」です。

かなり大きな違いになりますので、始める前にこ解説いたしますので、国内と海外で合った口座で初めてみてください。

FX用語「レバレッジとは?」の意味と違い

レバレッジ(Leverage)は「てこの原理」を意味します。

金融業界のレバレッジは、借り入れを利用することで、自己資金のリターン(収益)を高める効果が期待できることを指します。

国内FX業者 海外FX業者
レバレッジ倍率 25倍 1,000倍以上もある

 

BIGBOSSは脅威の1,111倍です。

例えば10万円の証拠金(保証金)を用意して取引を行うとすると

・国内10万円でレバレッジ25倍なら250万円分の取引が可能

・海外10万円でレバレッジ1,000倍なら1億円分の取引が可能

1ドル=100円のとき、100,000円の保証金で10,000ドルの取引をすると10倍のレバレッジで取引できることになります。

このとき100円でドルを買い、110円でドルを売れば100,000円(差額10円×10,000ドル)の利益となります。

10倍の時の利益は100,000円

 

5,000ドルの取引をするとレバレッジは5倍になり50,000円(差額10円×5,000ドル)の利益です。

5倍の時の利益は50,000円

 

つまり、高いレバレッジは、その分得る利益も大きくなり資金効率が良くなります。

 

ただし、その逆もしかりです。

レバレッジ倍率が大きいと少しの値動きで利益を大きく取れる反面、損失のリスクも大きくなりますので、注意が必要です。

FXのイメージにもあるが、「少額で大きいリターン」というのは、このレバレッジの恩恵という事になります。

 

FX用語「ゼロカット」の意味と違い

「ゼロカット」と似たような言葉で「ロスカット」という言葉があります。

まずはロスカットから説明します。

ロスカットは、ユーザーの資金を守るための機能です。

FXでは思う方向と違う方向にいってしまう事が少なからずあります。

証拠金の維持率がある一定水準を下回った場合、保持しているポジションを反対売買により強制的に決済する制度として、ロスカット・ルールが設けられてます。

ロスカットは損失が拡大しないよう、いったん投資対象を売却して損失を確定することです。

ロスカットは、投資家の保護が目的とは言え、誰しもが執行されたくないものです。

ロスカットは証拠金の維持率によって強制決済される仕組みです。

ロスカット発動条件 国内FX会社 海外FX会社
証拠金維持率 50%を下回る 20%を下回る(BigBoss(ビッグボス))
国内の方がロスカットしやすいという事ですね

あまりの急激な相場の動きで、ロスカットの機能が追い付かなかった時は・・・・

一切、証券会社の責任に出来なく、口座がマイナスになります。

基本的にマイナス分は借金として残ります。

この借金分を無かった事にしてくれる。つまり追証せずに残高0にしてくれるのがゼロカットです。

かなりの救済処置ですよね。

これは完全に海外FXにしかない採用出来ない機能です。

つまり日本のFX業者の場合はゼロカットがないので、普通に返済義務のある借金を負う事になります。(法律の関係で確定です)

残念ながら資金が溶けてしまったら、国内では借金返済からですが、海外ならリセットしてスタートを切れます。

ゼロカットがあるのは、チャレンジしやすい材料になりますよね

 

国内と海外FX証券会社の「安全性の違いは?」

安全性については、ゼロカットの部分を除けば、安全性は国内FX業者の方が良いでしょう。

金融庁の監視がありますので、大きなトラブルは生じにくいという安心感が国内FX業者に はあります。

大きなトラブルの代表例は、出金停止となる口座凍結です。

日本の証券会社では、出金拒否の起こる可能性はほとんど無いでしょう。

しかし、海外の証券会社では出金拒否が起こりえます。

海外の業者を使うときは、知名度・安全性・機能を総合的に判断して口座開設を行う事をおすすめします。

国内FX業者と海外FX業者のまとめ

資金が潤沢にあれば、国内FX業者での運用をおすすめします。

逆に資金が少なければ、海外FX業者での運用をおすすめします。

資金の目安ですが、$20,000以下なら海外FX業者(BigBoss(ビッグボス)がおすすめ)で、それ以上での運用なら国内という判断でも良いでしょう。

それは、口座の有効証拠金の総額によってレバレッジが変わるからです。

 

ただ、取引によっては規制のかかるものもあります。

基本的にはユーロや米ドル・円の取引のメジャー通貨での運用をオススメします。金利差益のスワップ狙いは別にして、マイナー通貨の取引は、情報の少なさ・参加者の少なさから、おすすめしません

 

 

BigBoss(ビッグボス)という海外FX業者の会社情報

金融ライセンスもしっかり取得済で、会社運営資金とは別にトレーダーの資産を預金する分散預金なので安心ですね。

サイトも日本語化されていて表示画面もきれいなものを提供してくれてます。

イメージキャラクターは日本でも知名度のある野獣ことBOBSAPP(ボブ・サップ)氏です。

 

会社名 Prime Point LLC
住所 1/F, First St Vincent Bank Ltd Building James Street Kingstown St. Vincent and the Grenadines

 

圧倒的な知名度・取引量を誇るライセンスをしっかり取得している事がおすすめの理由です。

また、同じタレントさんを永く使う事は個人的に好感がもてます。

 

海外FX業者BigBoss(ビッグボス)の口コミは?

口コミは概ね良好なものが多いです。

唯一といって良い悪い口コミは「スプレッドの広さ」です。

※スプレッドとは、証券会社に支払う手数料の事です。狭いとは手数料が安いという事です。

BigBoss(ビッグボス)はボーナスが豊富なのが魅力です

 

BigBoss(ビッグボス)では国内FXには無いレバレッジ倍率で少ない証拠金でも大きくプラス利益を生んでくれました。

 

ロスカットの維持率が20%と低いのでロスカットになりにくいです。ロスカットされると証拠金は20%になってしまう訳ですが。。。

 

英語は全く必要ないです。日本語に対応している+ライブチャットで対応してくれる受付時間が長いので助かります。

banner

BigBoss(ビッグボス)口座の特徴・概要・メリット

BigBoss(ビッグボス)が人気が高い理由は特徴を知れば納得の詳細を紹介していきたいと思います。

証券会社選びは環境作りです。

BigBoss(ビッグボス)はサービスの内容・機能共に充実していて、それぞれのレベル・安全性の金融サービスの高いブローカーです。

初めての証券会社の口座開設はBigBoss(ビッグボス)で決めて問題ありません。

悪質な証券会社も少なくないので、注意しましょう。